FXにおける自動売買とは?

FX取引には主に「手動」と「自動」取引の二つに分かれます。自ら売りや買いのタイミングを決定して取引の主導権を握るのが裁量トレード、反対にシストレと呼ばれているシステムトレードといったものを利用した取引が自動売買取引です。


そもそもシステムトレードとは何か

システムトレードとは、既に決められている規則やルールに従い自動的に行われる取引のことを言います。一度取引のルールを決定した後は、継続的にそのルールを遵守した形で取引が行われます。ここに人間の「焦り」「躊躇」といった感情は一切入りません。


感情に左右されがちな裁量トレード

裁量トレードを行っていると、もう少し待てばレートが回復するかもしれない、もっと利益が出るかもしれない、損失カバーの見込みがありそうだから待ってみようなど様々な感情が入り混じってしまうことがあります。もちろん裁量トレードでも自分なりのルールを決定しているのですが、なかなか損切りに踏み切れなかったり、欲が出て利益確定ができなかったりしてしまうのが人間の感情というものです。しかしこれは逆に言えば非常にリスクを孕むことでもありますし、せっかくの利益もとりこぼしてしまう可能性もあります。


システムトレードを利用した自動売買のメリットとは

とにかく決められたルールを徹底して感情に惑わされない取引ができるという点に尽きます。難しい判断が必要な場合でも、自動的に決済を行ってくれるため便利です。またプロが使う多くのストラテジーが用意されているので、その手法を自分の取引手法として利用することができるのもメリットです。


FXの自動売買で注意すべき点とは

既に決められているルールを徹底しているので、臨機応変に相場の状況に合わせることはできません。例えば相場が突然何らかの影響で急変するようなことに陥った場合、すぐに対応することは難しいので相場が大きく動きそうな時は避けた方がよいかもしれません。またシステムトレードを絶対に勝てる完全なものと思い込まないことも大事です。

システムトレードには、初心者でも簡単に利用できる「選択型」と中級、上級者などが自ら売買プログラムを作りながら利用する「開発型」の二種類があります。 特に選択型の自動売買プログラムであれば、多くの上級テクニックを自分のものとして取引に活かせるため、FX初心者でも十分に有効な取引手法となります。また、初心者だからこそ最初は迷いや焦りといった感情が出てしまいがちですから、自動売買システムをうまく利用することで冷静な取引を続行させることもできます。