自動売買のメリットとデメリットとは?

 

最近では機械の発達によって人間にしかできないことがどんどんと少なくなっています。
以前は単純作業ぐらいしか機械には代用できないように思われていましたが、判断力が必要なものですら人間よりも優れている場合もあるようです。
株取引もすでに人間だけのものではなくなってしまっています。ただし、それは決して悲観するものではなく、うまく利用することができれば今まで取引の幅が広がる可能性も秘めています。
すでに多くの投資家は自動売買を取引に取り入れていて、それによって成功している人も少なくありません。今回は自動売買のメリットを考えてみたいと思います。

人間が行う裁量取引よりも自動売買が優れているところはなんでしょうか。少し考えただけでもいくつも思いつくのではないでしょうか。
まず自動売買であれば人間の感情が介入する余地がありません。感情というのは取引においてはやっかいなものです。誰しも、感情的になってしまい失敗してしまったことがあると思います。
「もっと株価が上がるはず」「一時的に下がっただけで元に戻るはず」といった判断ミスは自動売買ならありません。欲望や恐怖と取引を切り離せるのはそれだけでも有効です。
体力が尽きることがないというのも自動売買の強みです。どんなに体力のある人間でも24時間365時間の取引は不可能ですが、長時間取引によるストレスや判断ミスとも無縁なのも自動売買ならではです。
自動売買をしている間は本人は別のことができるというのもメリットではないでしょうか。空いた時間は情報の分析に使ったり、より重要な取引に集中するなどすれば効率的に取引が可能になります。

このように自動売買なら長時間でも安定した合理的な取引が可能というメリットがあります。では自動売買にはデメリットはないのでしょうか。
もちろん自動売買も完璧ではありません。導入にはある程度の知識が必要で初心者にはやや難しいかもしれませんし、停電やパソコンの故障などの隙があるのも事実です。
ただしこれらは致命的なデメリットではありません。初心者にも利用しやすい自動場売買も増えていますし、自分でパ専用のパソコンを用意しなくてもクラウド上で利用できる自動売買もあります。
今のところ最大のデメリットはまだ人間の判断力に勝てない部分があるということです。どうしても予想外の状況には対応できずに、投資家自身が判断しなければいけない場合があります。