初心者が株を売買する意味とは?

 

株取引では株を購入したり売却をしたりしながら利益を上げていくことになります。
単純に考えると株価が安いときに購入して、株価が高くなったら売却すれば簡単に利益が出そうに思えます。
もし株取引がそんなに簡単であれば、すべての投資家は大金持ちになっていますが、現実にはそう簡単ではありませんよね。

参考>>口コミが多いハイローオーストラリア

そもそもどの状態が「株価が安い」のでしょうか。逆にどの状態なら「株価が高い」のでしょうか。
今が安いと思って購入したら、今よりも下がってしまう場合もあります。これでは売っても損をしてしまいますので手放せなくなってしまいます。
下がり続けていても持っていれば最終的に株価が回復して損をしない可能性や、利益が出る可能性もありますが、将来のことは誰にもわかりません。
購入したときよりも下がっている株を持っていても利益が出ないだけではありません。購入に使ったお金を他のことに使えませんので、投資の効率が大きく落ちてしまいます。
諦めて損切りをすることで損失を最小限に限定することが必要な場合もありますが、その判断が正しいとも限りません。そうやって色々と考えている内に何も決断できなくなってしまうわけです。その場合は、このようなサイトwww.australiahighlow.jpも参考にしてみてください。


それでは逆に株価が高くなれば簡単に利益が出るのかというと、意外にそうでもないように思えます。
株価が上がっているということは、さらに上がる可能性というのもあります。売るのをもう少し待てばもっと利益が出るとしたら・・・この考え方も危険ですよね。
ずっと上がり続けることなんてないわけですから、どこかで売って利益を確定させる必要がありますが、どうしてもあと少しだけという気持ちが抑えられないことが多いです。
利益というのは確定させなければ意味がありません。早めに利益を手に入れて、それを別の株に投資した方がより利益を上げられる場合というのもあります。

このように株取引は確実に利益を出せるわけではありませんが、初心者でも株取引を始めるのは難しくありません。また外為オンラインは安全でおすすめです。
株には売買だけではなく、保有しておくことでメリットがあります。それが「配当」と「株主優待」です。これを目当てに株を買っている人もたくさんいます。
企業は利益が上がれば一部を株主に対して、配当として支払います。また株を保有しくれている人にその企業の商品などを株主優待としてプレゼントしている企業も少なくありません。
株価の安定している企業であれば保有していても損はしませんし、自分の応援している企業の株を持っているというのは楽しいと思います。